[UWPアプリ] ファイル操作

スポンサーリンク
C#

[UWP][ファイル操作] 最近使用したファイルを取得する(2)

前回と前々回の記事で最近使用したファイルの登録と取得方法について見ていきました。 前回の記事で、説明した最近使用したファイルの取得方法では、最後に使用したファイルしか取得できません。 今回は、最近使用したファイル一覧に登録されて...
C#

[UWP][ファイル操作] 最近使用したファイルを取得する(1)

前回に記事で、最近使用したファイル一覧へのファイルの追加方法について学びました。 今回は、最近使用したファイル一覧に最後に追加されたフィルをを取得する方法を見ていきます。 はじめに、前回Addメソッドを実行したときの戻り値が返し...
C#

[UWP][ファイル操作] 最近使用したファイルの登録

今回は、最近使用したファイル一覧へ、使用したファイルを追加する方法について見ていきます。 最近使用したファイルは StorageApplicationPermissions クラスの MostRecentlyUsedListプロパティ...
C#

[UWP][全般] アプリデータをファイルで読み書きする

以前、「アプリケーションデータの場所を取得する」の記事でアプリデータ用のファイルが保存されるディレクトリの取得方法について説明しました。 今回はこのディレクトリに対して、アプリデータをファイルに書き込んだり読み込んだりする方法について...
C#

[UWP][ファイル操作] ファイルが保存できたかを確認する

前回に引き続き、今回もファイルの保存について見ていきます。 前回までのコードは以下の通りです。 private async void btnSave_Click(object sender, RoutedEventArgs e) ...
C#

[UWP][ファイル操作] ファイルを保存する

前回は名前を付けて保存ダイアログを表示しました。 以下に前回のコードを再掲します。 private async void btnSave_Click(object sender, RoutedEventArgs e) { ...
C#

[UWP][ファイル操作] 名前を付けて保存ダイアログを表示する

名前を付けて保存ダイアログを表示するには、FileSavePickerを使用します。 名前を付けて保存ダイアログの表示を確認するために、新規でプロジェクトを作成し MainPage.xaml に Buttonを配置し、以下の通りCli...
C#

[UWP][ファイル操作] ファイルからテキストを読み込む

今回は、ファイルからテキストを読み込む方法について見ていきます。 ファイルからテキストを読み込む方法はいくつかありますが、今回はFileIOクラスのReadTextAsyncメソッドを使用します。このメソッドの引数の型はIStorag...
C#

[UWP][ファイル操作] ユーザーに複数のファイルを選択させる

前回の「ユーザーにファイルを選択させる」の記事では、単一のファイルしか選択できませんでした。 今回は、前回のコードを修正して、複数のファイルを選択できるようにします。 コードは以下の通りです。 private async vo...
C#

[UWP][ファイル操作] ユーザーにファイルを選択させる

ユーザーにファイルを選択させるには、FileOpenPickerを使用する方法があります。 FileOpenPickerの動作を確認するために、MainPage.xaml に Button とTextBlockを配置します。 こ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました