[Tips] App.config内の Value値で改行をしたい

C#で使用する外部設定ファイル内の Value値で改行をしたくて、以下のように \r\n を挿入してみましたがうまくいきませんでした。

<add key="M0001" value="hoge \r\n fuga"/>


解決策

改行をしたい場所に &#13;&#10; を挿入。

<add key="M0001" value="hoge &#13;&#10; fuga"/>

よく考えてみたらあたりまえのことですね…

[ImageList][Tips] イメージサイズを設定する


ImageListコントロールにイメージを追加すると、サイズは16×16となります(既定値)。

イメージサイズを変更したい場合はSizeプロパティを設定します。ただし最大サイズは256×256となりますので注意が必要です。

下記は、ImageListのイメージサイズを256×256に設定する例です。

VBの例

' フォームロード時の処理
Private Sub Form3_Load(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    'イメージサイズを256x256に設定する
    ImageList1.ImageSize = New Size(256, 256)
End Sub

C#の例

// フォームロード時の処理
private void Form3_Load(object sender, EventArgs e)
{
    // イメージサイズを256x256に設定する
    imageList1.ImageSize = new Size(256, 256);
}

[ImageList][Tips] イメージを使用する

ImageListコントロールに登録されているイメージを使用するには主に2つの方法があります。

  1. ImageListのDrawメソッドを使用する
  2. ButtonコントロールやListViewコントロールが持つImageListプロパティSmallImageListプロパティLargeImageListプロパティなどに指定しコントロールに表示する

まずDrawメソッドですが、下記に示す例のようにGraphics上の指定された位置に、描画したいイメージのインデックスを指定して描画を行います。

次に、コントロールで描画する場合ですが、使用するコントロールによってImageListを指定できるプロパティが異なります。

たとえば、Buttonコントロールの場合はImageListプロパティ、ListViewコントロールの場合はSmallImageListプロパティ、LargeImageListプロパティ、StateImageListプロパティなどがあります。~ImageListというプロパティであればImageListを指定できると考えてよいでしょう。

コントロールでImageListのイメージを使用する場合はImageIndexプロパティに使用したいイメージのインデックスを指定します。

下記はImageListのイメージを使用する例です。

[イメージを描画]ボタンをクリックすると、フォーム上にアイコンを描画するとともに、リストビュー各項目にもイメージを表示します。

VBの例

' [イメージを描画]ボタンクリック時の処理
Private Sub Button1_Click(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
    'ウィンドウハンドルの作成
    Dim g As Graphics = Graphics.FromHwnd(Me.Handle)

    'イメージリストにあるイメージをフォームに描画する
    ImageList1.Draw(g, New Point(110, 12), 0)
    ImageList1.Draw(g, New Point(140, 12), 1)

    '★★★リストビューに表示する小さなアイコンにImageList1を設定する★★★
    ListView1.SmallImageList = ImageList1
    ListView1.View = View.Details

    'リストビューに列を作成する
    ListView1.Columns.Add("アイコン")
    ListView1.Columns.Add("名前")

    'リストビューに追加する1つ目の項目を作成
    Dim item1 As New ListViewItem
    item1.ImageIndex = 0    '★★★ImageListの1つ目のイメージを使用する★★★
    item1.SubItems.Add("Camera")

    'リストビューに追加する2つ目の項目を作成
    Dim item2 As New ListViewItem
    item2.ImageIndex = 1    '★★★ImageListの1つ目のイメージを使用する★★★
    item2.SubItems.Add("PC")

    'リストビューに項目を追加する
    ListView1.Items.Add(item1)
    ListView1.Items.Add(item2)
End Sub

C#の例

// [イメージを描画]ボタンクリック時の処理
private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // ウィンドウハンドルの作成
    Graphics g = Graphics.FromHwnd(this.Handle);

    // イメージリストにあるイメージをフォームに描画する
    imageList1.Draw(g, new Point(110, 12), 0);
    imageList1.Draw(g, new Point(140, 12), 1);

    // ★★★リストビューに表示する小さなアイコンにImageList1を設定する★★★
    listView1.SmallImageList = imageList1;
    listView1.View = View.Details;

    // リストビューに列を作成する
    listView1.Columns.Add("アイコン");
    listView1.Columns.Add("名前");

    // リストビューに追加する1つ目の項目を作成
    ListViewItem item1 = new ListViewItem();
    item1.ImageIndex = 0;    // ★★★ImageListの1つ目のイメージを使用する★★★
    item1.SubItems.Add("Camera");

    // リストビューに追加する2つ目の項目を作成
    ListViewItem item2 = new ListViewItem();
    item2.ImageIndex = 1;    // ★★★ImageListの1つ目のイメージを使用する★★★
    item2.SubItems.Add("PC");

    // リストビューに項目を追加する
    listView1.Items.Add(item1);
    listView1.Items.Add(item2);
}