[Unity 2D]キャラクターの追加とRigidbody 2Dの追加

はじめに

前回は、カメラの設定について説明し、背景画像の見え方(サイズ調整)を行いました。

今回は、キャラクターを追加してRigidbody 2Dを追加する方法について説明します。

過去記事は以下の通りです。

キャラクターを追加する

はじめに、ProjectビューのAssetsフォルダにキャラクターとなる画像を追加します。

例としてヘリコプターの画像を準備し、Assets\Spritesフォルダに配置します。

本素材は、「かわいいフリー素材 いらすと屋」さんからダウンロードした画像です。

次に、追加したキャラクターをSceneビューにドラッグ&ドロップして任意のサイズに変更します。

今度は、キャラクターを画面中央に設定するしてみましょう。

配置したキャラクターを選択して、InspectorビューでPositionのx,y,zを0に設定します。

Rigidbody 2Dの設定

Rigidbody 2Dとは2Dのゲームオブジェクトに対して物理シミュレーションをするコンポーネントです。

配置したキャラクターを選択したら、Inspectorビューの下の方にある[Add Component]というボタンをクリックして、[Physics 2D]-[Rigidbody 2D]を選択します。

Rigidbody 2Dを追加すると、Inspectorビューは以下のようになります。

上記の設定が完了したら、画面上部にある再生ボタンをクリックします。

すると、キャラクターが落下していくのがわかります。このように、Rigidbody 2Dを設定すると、物理法則が働くようになります。

落下をさせたくない場合は、InspectorビューでGravity Scaleに0を設定します。