フィルター処理が働き始める文字数を設定する

通常、テキストボックスに1文字入力した時点でオートコンプリートのフィルターが働き始めます。

フィルター処理が働き始める文字数を変更するには MinimumPrefixLength プロパティを設定します(既定値は1となっています)。

下記はテキストボックスに3文字入力した時点でフィルターが働き始める例です。

3文字入力した時点でフィルターが働き始める例

XAMLは下記のように記述します。

XAMLの例

<sdk:autocompletebox minimumprefixlength="3" width="221" name="fruitsACB" height="28" />

VBやC#のコードで設定する場合は下記のように記述します。

VBの例

'フィルターが働き始める文字数を設定する
fruitsACB.MinimumPrefixLength = 3

C#の例

//フィルターが働き始める文字数を設定する
fruitsACB.MinimumPrefixLength = 3;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です