表示種類を設定する

DisplayMode プロパティを使用すると、表示部の種類を、月、年、10年のいずれかにすることが出来ます。

DisplayMode プロパティには CalendarMode 列挙体を設定します。

CalendarMode 列挙体
メンバー名 説明
Month 1度に1月ずつ表示する
Year 1度に1年ずつ表示する
Decade 1度に10年ずつ表示する

下記は、3つのCalendar コントロールの表示部を、それぞれ月、年、10年表示に設定する例です。

表示種類(月、年、10年)を設定する

XAMLの例

<Calendar Name="Calendar1" DisplayMode="Month" />
<Calendar Name="Calendar2" DisplayMode="Year" />
<Calendar Name="Calendar3" DisplayMode="Decade" />

VBの例

Private Sub Window_Loaded(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles MyBase.Loaded
    Calendar1.DisplayMode = CalendarMode.Month  '1ヶ月表示
    Calendar2.DisplayMode = CalendarMode.Year   '1年表示
    Calendar3.DisplayMode = CalendarMode.Decade '10年表示
End Sub

C#の例

private void Window_Loaded(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    calendar1.DisplayMode = CalendarMode.Month;		// 1ヶ月表示
    calendar2.DisplayMode = CalendarMode.Year;		// 1年表示
    calendar3.DisplayMode = CalendarMode.Decade;	// 10年表示
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください