単一または複数の日付の選択を許可する

単一または複数の日付の選択を許可するには SelectionMode プロパティを設定します。

SelectioMode プロパティには、CalendarSelectionMode 列挙体を指定します。

CalendarSelectionMode 列挙体
メンバー名 説明
SingleDate 単一の日付を選択できる
SingleRange 単一の日付範囲を選択できる
MultipleRange 複数の日付範囲を選択できる
None 選択を許可しない

下記は、4つのカレンダーコントロールに CalendarSelectionMode 列挙体の値をそれぞれ設定する例です。

単一または複数の日付の選択を許可する

XAMLの例

<Calendar Name="Calendar1" SelectionMode="SingleDate" />
<Calendar Name="Calendar2" SelectionMode="SingleRange" />
<Calendar Name="Calendar3" SelectionMode="MultipleRange" />
<Calendar Name="Calendar4" SelectionMode="None" />

VBの例

Private Sub Window_Loaded(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles MyBase.Loaded
    Calendar1.SelectionMode = CalendarSelectionMode.SingleDate      '1つの日付を選択
    Calendar2.SelectionMode = CalendarSelectionMode.SingleRange     '1つの日付範囲を選択
    Calendar3.SelectionMode = CalendarSelectionMode.MultipleRange   '複数の日付範囲を選択
    Calendar4.SelectionMode = CalendarSelectionMode.None            '選択を許可しない
End Sub

C#の例

private void Window_Loaded(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    calendar1.SelectionMode = CalendarSelectionMode.SingleDate;     // 1つの日付を選択
    calendar2.SelectionMode = CalendarSelectionMode.SingleRange;    // 1つの日付範囲を選択
    calendar3.SelectionMode = CalendarSelectionMode.MultipleRange;  // 複数の日付範囲を選択
    calendar4.SelectionMode = CalendarSelectionMode.None;           // 選択を許可しない
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です