項目を追加する

XAMLで項目を追加するには ListBox 要素の子に ListBoxItem 要素を入れます。

また、コードから項目を追加する場合には Items プロパティの Add メソッドを使用します。

下記は、ListBox コントロールに項目を追加する例です。

項目を追加する例

XAMLの例

<ListBox>
    <ListBoxItem>リンゴ</ListBoxItem>
    <ListBoxItem>ミカン</ListBoxItem>
    <ListBoxItem>バナナ</ListBoxItem>
    <ListBoxItem>パイナップル</ListBoxItem>
    <ListBoxItem>スイカ</ListBoxItem>
    <ListBoxItem>グレープフルーツ</ListBoxItem>
</ListBox>

VBの例

'項目を追加する
ListBox1.Items.Add("リンゴ")
ListBox1.Items.Add("ミカン")
ListBox1.Items.Add("バナナ")
ListBox1.Items.Add("パイナップル")
ListBox1.Items.Add("スイカ")
ListBox1.Items.Add("グレープフルーツ")

C#の例

// 項目を追加する
listBox1.Items.Add("リンゴ");
listBox1.Items.Add("ミカン");
listBox1.Items.Add("バナナ");
listBox1.Items.Add("パイナップル");
listBox1.Items.Add("スイカ");
listBox1.Items.Add("グレープフルーツ");

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です