進捗状況の表示方法を設定する

進捗状況の表示方法は2つあります。

1つは左から右に向かって緑で塗りつぶしていくパターン、もう1つは緑のマーカーが左から右へ向かって流れる動作を繰り替えし行うパターンです。

この表示方法を設定するには IsIndeterminateプロパティを使用し、「緑のマーカーが左から右へ向かって流れる動作を繰り替えし行うパターン」の場合はTrueを設定します(既定値はFalseです)。

下記は、IsIndeterminate プロパティを使用して表示方法を設定する例です。

進捗状況の表示豊富を設定する例

 

XAMLの例

<Window.Triggers>
    <!-- WindowがロードされたらProgressBar1を進捗させる -->
    <EventTrigger RoutedEvent="Window.Loaded">
        <BeginStoryboard>
            <Storyboard TargetName="ProgressBar1" TargetProperty="Value">
                <DoubleAnimation From="0" To="100" Duration="0:0:20" />
            </Storyboard>
        </BeginStoryboard>
    </EventTrigger>
</Window.Triggers>
<StackPanel>
    <TextBlock Text="IsIndeterminate = False" Margin="5"/>
    <!-- IsIndeterminate = False -->
    <ProgressBar Name="ProgressBar1" 
                 VerticalAlignment="Top" HorizontalAlignment="Left" 
                 Margin="5,0,0,0" Height="16" Width="254" 
                 Minimum="0" Maximum="100" Value="0"
                 IsIndeterminate="False"/>
    <TextBlock Text="IsIndeterminate = True" Margin="5"/>
    <!-- IsIndeterminate = True -->
    <ProgressBar Name="ProgressBar2" 
                 VerticalAlignment="Top" HorizontalAlignment="Left" 
                 Margin="5,0,0,0" Height="16" Width="254" 
                 Minimum="0" Maximum="100" Value="0"
                 IsIndeterminate="True"/>
</StackPanel>

VBの例

Private Sub Window_Loaded(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles MyBase.Loaded
    '進捗状況の表示方法を設定する
    ProgressBar1.IsIndeterminate = False
    ProgressBar2.IsIndeterminate = True
End Sub

C#の例

private void Window_Loaded(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // 進捗状況の表示方法を設定する
    progressBar1.IsIndeterminate = false;
    progressBar2.IsIndeterminate = true;
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.