[Tips][ComboBox] コードからドロップダウンの表示/非表示を切り替える

本記事はWindowsアプリケーションのTipsです。


ComboBoxのドロップダウン部分は、コードから表示/非表示を切り替えることができます。

ドロップダウン部分を開いた状態にするには、DroppedDownプロパティにTrueを設定します。

下記はドロップダウン部分をコードから表示/非表示する例です。

VBの例

Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    Dim strData() As String = {"A", "B", "C", "D", "E", "F", "G", "H", "I", "J", "K", "L"}

    'コンボボックスにアイテムを追加する
    ComboBox1.Items.AddRange(strData)
End Sub

Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
    'ドロップダウンリスト部を表示/非表示させる
    ComboBox1.DroppedDown = Not ComboBox1.DroppedDown
End Sub

 

C#の例

private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
    string[] strData = { "A", "B", "C", "D", "E", "F", "G", "H", "I", "J", "K", "L" };

    //コンボボックスにアイテムを追加する
    comboBox1.Items.AddRange(strData);
}

private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
    //ドロップダウンリスト部を表示/非表示させる
    comboBox1.DroppedDown = !comboBox1.DroppedDown;
}

 

[Tips][ComboBox] ドロップダウンリストの表示幅を変更する

本記事はWindowsアプリケーションのTipsです。


ComboBoxのドロップダウンリストの幅は、DorpDownWidthプロパティで変更することが可能です。

VBの例

Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    Dim strData() As String = {"A", "B", "C", "D", "E", "F", "G", "H", "I", "J", "K", "L"}

    'コンボボックスにアイテムを追加する
    ComboBox1.Items.AddRange(strData)
    'ドロップダウンリストの幅を変更する
    ComboBox1.DropDownWidth = 200
End Sub

 

C#の例

private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
    string[] strData = { "A", "B", "C", "D", "E", "F", "G", "H", "I", "J", "K", "L" };

    //コンボボックスにアイテムを追加する
    comboBox1.Items.AddRange(strData);
    //ドロップダウンリストの幅を変更する
    comboBox1.DropDownWidth = 200;
}

 

[Tips][ComboBox] ドロップダウン時に表示される項目の数を変更する

本記事はWindowsアプリケーションのTipsです。


ComboBoxでは、ドロップダウン時に表示される項目の数を変更することができます。

これにはMaxDropDownItemsプロパティを変更します。

下記は、表示される項目の数を5に設定する例です。

VBの例

Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    Dim strData() As String = {"A", "B", "C", "D", "E", "F", "G", "H", "I", "J", "K", "L"}

    'コンボボックスにアイテムを追加する
    ComboBox1.Items.AddRange(strData)
    'ドロップダウンリストの表示項目数を変更する
    ComboBox1.MaxDropDownItems = 5
End Sub

 

C#の例

private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
    string[] strData = { "A", "B", "C", "D", "E", "F", "G", "H", "I", "J", "K", "L" };

    //コンボボックスにアイテムを追加する
    comboBox1.Items.AddRange(strData);
    //ドロップダウンリストの表示項目数を変更する
    comboBox1.MaxDropDownItems = 5;
}