任意のタブを選択状態にする

スポンサーリンク

XAMLで任意のタブを選択状態にする場合は、TabItem 要素の IsSelected 属性に True を指定します。

また、コードから任意のタブを選択状態にする方法は

  • TabItem の IsSelected プロパティに True を指定する方法
  • TabControl の Items プロパティで IsSelected プロパティに True を指定する方法

があります。

下記は、任意のタブを選択状態にする例です。

任意のタブを選択状態にする例

XAMLの例

<TabControl Name="TabControl1">
    <TabItem Header="TabItem1" Name="TabItem1">
        <Grid />
    </TabItem>
    <TabItem Header="TabItem2" Name="TabItem2">
        <Grid />
    </TabItem>
    <TabItem Header="TabItem3" Name="TabItem3">
        <Grid />
    </TabItem>
    <!-- TabItem4 を選択状態にする -->
    <TabItem Header="TabItem4" Name="TabItem4" IsSelected="True">
        <Grid />
    </TabItem>
    <TabItem Header="TabItem5" Name="TabItem5">
        <Grid />
    </TabItem>
</TabControl>

VBの例

Private Sub Window_Loaded(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles MyBase.Loaded
    '4番目のタブを選択状態にする
    TabItem4.IsSelected = True

    ' または下記
    'DirectCast(TabControl1.Items(3), TabItem).IsSelected = True
End Sub

C#の例

private void Window_Loaded(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // 4番目のタブを選択状態にする
   tabItem4.IsSelected = true;

    // または下記
    //((TabItem)tabControl1.Items[3]).IsSelected = true;
}
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HIROs.NET Blog
タイトルとURLをコピーしました