VB.NET

スポンサーリンク
C#

[HelpProvider][Tips] ヘルプファイルを開く

HelpProviderコンポーネントを使用してヘルプファイルを開くには、まずHelpNamespaceプロパティにヘルプファイルのパスを設定します。 次にSetHelpKeywordメソッドを使用して、ユーザーが指定したコントロ...
C#

[FileSystemWatcher][Tips] ファイルの変更を監視する

前回はFileSystemWatcherコンポーネント(またはクラス)を使用してフォルダを監視する方法について紹介しました。 今回はファイルの変更を監視する方法について紹介します。 ファイルの変更の監視方法もフォルダのときと...
C#

[FileSystemWatcher][Tips] フォルダの変更を監視する

FileSystemWatcherコンポーネント(またはクラス)を使用すると、ファイルやフォルダの変更を監視することができます。 まずPathプロパティに監視対象となるパスを設定します。このパス直下のフォルダでの変更を監視すること...
スポンサーリンク
C#

[EventLog][Tips] イベントソースを削除する

EventLogクラスのDeleteEventSourceメソッドを使用すると、イベントソースを削除することができます。 また、Deleteメソッドを使用すると、イベントログを削除することができます。引数には削除するログの名前を指...
C#

[EventLog][Tips] イベントソースを作成する

EventLogクラスのCreateEventSourceメソッドを使用すると、イベントソースを作成することができます。 第1引数にはソース名を、第2引数にはログ名を指定します。 下記は、イベントソースを作成する例です。 ...
C#

[EventLog][Tips] 指定したイベントソースが存在するかを確認する

ErrorLogコンポーネント(または)クラスで、イベントソースが存在するかどうかを確認するには、SourceExistsメソッドを使用します。 引数には確認するイベントソース名を指定します。 またSourcExistメソッ...
C#

[EventLog][Tips] イベントログの表示名称を取得する

EventLogコンポーネント(またはクラス)で、イベントログの表示名称を取得するにはLogDisplayNameプロパティを使用します。 Windows Vista以降では、標準ユーザーはセキュリティログへのアクセス許可がありま...
C#

[EventLog][Tips] ログ名称を取得する

EventLogコンポーネントを使用すると、イベントログの操作を行うことができます。 ログ名称を取得する場合は、GetEventLogメソッドを使用してイベントログを検索し、Logプロパティでログ名所を取得します。 下記は、...
C#

[ErrorProvider][Tips] いつエラーアイコンが点滅するかを設定する

ErroProviderのエラーアイコンは、BlinkStyleプロパティを使用して、点滅するタイミングを設定することができます。 BlinkStyleプロパティには、ErrorBlinkStyle列挙体の値を設定します。 ...
C#

[ErrorProvider][Tips] アイコンの点滅速度を調整する

アイコンの点滅速度を調整するにはBlinkRateプロパティ(単位mSec)を使用します(既定値は250mSec)。 下記は、アイコンの点滅速度を調整する例です。 フォームロード時に、点滅速度を500mSecに設定しています。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました