Visual Studio 2012 RCをインストールしてみた

前回作成したWindows 8 Release Preview環境にVisual Studio 2012 RCをインストールしてみたので、覚え書きとして手順を残しておきます。

Visual Studio 2012 RCはこちらMSDNからダウンロードします。

Windows 8 Release Previewのインストールについては下記の通り。


1.Virtual BoxのWindows 8 Release Previewを起動します。

2.次にVirtual Box画面下にあるCDアイコンを右クリックし[仮想CD/DVDディスクファイルの選択…]をクリックし、ダウンロードしたイメージ(iso)を選択します。

3.エクスプローラーを起動してCDドライブを右クリックし、[メディアからのプログラムのインストール/実行]をクリックします。

4.インストーラーが起動するので[ライセンス条項に同意する]にチェックを付け、[次へ]ボタンをクリックします。

5.インストールするオプションを選択して[インストール]ボタンをクリックします。

6.インストールが完了するのを待ちます。

7.インストールが無事完了すると下図のような画面になります。

8.起動したら既定の環境設定を選択して[Visual Studioの開始]ボタンをクリックします。

9.初回は起動までに少し時間が掛かります。

10.無事起動すると下図のような画面が表示されます。

11.このほか「ヘルプコンテンツマネージャーのインストーラ」が起動します。これは必要に応じてインストールします。

12.早速「新規プロジェクト」を作成してみると、Windows Live IDによるサインインダイアログが表示されました。とりあえずサインインを実行。

13.サインインが成功すると開発者ライセンスを取得するようです。有効期限は2012/7/3まででした。

14.以上で無事 Visual Studio 2012 RCが使用できるようになりました。