[Visual Studio 2010] マニフェストファイルを追加する

ちょっと嵌ったのでメモ。

Windows VistaからUAC(User Access Control)が導入されたため、アプリケーションでファイルの読み書きやレジストリの操作を行うには、管理者権限に昇格させないと動作しない場合があります。

マニフェストファイルを作成して設定すればOKなのですが、久々すぎてどうやるんだっけなぁ….と小1時間ほど嵌ってしまいました。

まず「新しい項目の追加」で「アプリケーションマニフェストファイル」を選択し、名前は「app.manifest」のままで[追加]ボタンをクリックします。

マニフェストの追加

次にapp.manifestを開き下記の部分を探します。

<requestedExecutionLevel level="asInvoker" uiAccess="false" />

で、下記のように変更します。

<requestedExecutionLevel  level="requireAdministrator" uiAccess="false" />

あとは「プロジェクトのプロパティ」の「アプリケーション」タブで、編集したマニフェストファイルを選択すれば完了です。
マニフェストファイルの設定

[Tips][Visual Studio] 「データ接続」にSQL Serverのデータベースを追加する

Visual Studioのサーバーエクスプローラーには「データ接続」という項目があります。

この「データ接続」にSQL Serverのデータベースを追加する方法は下記の通りです。

はじめに、「データ接続」を右クリックして表示されるコンテキストメニューから「接続の追加(A)…」をクリックします。

次に「接続の追加」ダイアログの[データソース]で「Microsoft SQL Server(SQL Client)」を、[サーバー名]に接続先を入力します。

接続先が正しい場合は、[データベース名の選択または入力]欄でデータベースを選択することができます。

最後に[OK]ボタンをクリックします。

以上で、サーバーエクスプローラーの「データ接続」に接続先が追加されます。

[VS2010] Office開発環境の注意事項(メモ)

Visual StudioでOffice開発をするときの注意事項。
情報元:http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/bb398242(v=VS.100).aspx

Officeの異なるバージョン(Microsoft Office 2010 と 2007 Microsoft Office system )が開発用マシンにインストールされている場合、ソリューションの作成がサポートされない。

Office ソリューションを作成するには、1 つのバージョンの Office のみを開発用コンピューターにインストールする必要がある。
エンドユーザーは複数バージョンインストールされていても問題ない。

そうだったのか… 知らなかった。

HIRO’s.NETに Visual Studio 2010 CTP カテゴリを追加しました。

久々に HIRO’s.NET を更新しました。


某PJが進行中ということもあり、最近 Visual Studio 2010 CTPについて調査を進めています。


この調査結果を HIRO’s.NET の Visual Studio 2010 CTP という新しいカテゴリにアップしていきたいと思います。


現時点での記事は下記の通りです。


・Visual Studio 2010 CTP


01. Visual Studio 2010とは
02. 評価ガイドの入手


・インストール


01. 必要ファイルの入手
02. Virtual PC 2007のインストール
03. Virtual PCイメージの作成
04. Virtual PCイメージの設定
05. Virtual PCの起動



・IDE




01. Visual Studio 2010 CTPの起動
02. 新しくなったスタートページ


現時点では他のサイトでも見られるありきたりの記事ばかりですが、HIRO’s.NET流にまとめてみましたので興味のある方は読んでみてください。