[ストアアプリ][入門] Step25. TextBoxコントロールを使用する ~ テキストの表示と取得 ~

スポンサーリンク

テキストを入力するためのコントロールはなんと言ってもTextBoxコントロールでしょう。

今回は基本的な使い方について説明します。

スポンサーリンク

 テキストを表示する

まずは XAMLからテキストを表示してみましょう。

テキストを表示するには Textプロパティを使用します。

「Hello Store App」を表示するには以下のようにします。

XAMLの例

<TextBox HorizontalAlignment="Left" Margin="10,10,0,0" TextWrapping="Wrap" 
    VerticalAlignment="Top" Text="Hello Store App" />

「Hello Store App」を表示する例

 

今度はコードからテキストを表示してみましょう。

テキストを表示する対象が分かるように、TextBoxコントロールに名前を付けます。

名前は x:Name属性に設定します。今回は txtGreetingとします。

XAMLの例

<TextBox x:Name="txtGreeting" HorizontalAlignment="Left" Margin="10,10,0,0" 
    TextWrapping="Wrap" VerticalAlignment="Top" Text="" />

Loadedイベントのタイミングで「Hello!」と表示するには以下のようにします。

VBの例

Private Sub Page_Loaded(sender As Object, e As RoutedEventArgs)

    'TextBoxに Hello! を表示する
    txtGreeting.Text = "Hello!!"

End Sub

C#の例

private void Page_Loaded(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // TextBoxに Hello! を表示する
    txtGreeting.Text = "Hello!";
}
スポンサーリンク

入力されたテキストを取得する

さきほどは、Textプロパティに値を代入しましたが、今度は逆に取得を行います。

テキストを取得するには、Textプロパティを参照します。

ボタンがクリックされたときに TextBoxからTextを取得してメッセージダイアログに表示する例を以下に示します。

VBの例

Private Async Sub Button_Click(sender As Object, e As RoutedEventArgs)

    ' テキストを取得する
    Dim msg = txtGreeting.Text

    Dim md = New MessageDialog(msg)
    Await md.ShowAsync()

End Sub

C#の例

private async void Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // テキストを取得する
    var msg = txtGreeting.Text;

    MessageDialog md = new MessageDialog(msg);
    await md.ShowAsync();
}

コメント

タイトルとURLをコピーしました