[C# 6.0新機能] null条件演算子

スポンサーリンク

C#ではNull許容型を作成するときに?記号を使用しますが、ステートメント中で?を使用すると、その値がNULLだった場合はNULLを返しそうでない場合は後続の処理を行うことができるようになりました。

具体的には以下のようなコードの記述が可能です。
employeeがnullの場合はempCountにはNullが代入され、そうでない場合にはCountプロパティ値がempCountに代入されます。

int? empCount = employee?.Count;

ちなみにC# 5.0以前だと上記を実現するためには、以下のようなコードを記述する必要があります。

int? empCount = null;

if (employee == null)
{
    empCount = null;
}
else
{
    empCount = employee.Count;
}
C# 6.0
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HIROs.NET Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました