[TypeScript] 条件分岐 if 文

スポンサーリンク

はじめに

TypeScript でも if 文を使用することができます。

今回は、TypeScript における if 文の使用方法を説明します。

スポンサーリンク

if 文

if 文は、条件式によって処理を分岐させたいときに使用します。

以下に書式を示します。else if や else は必要がない場合は省略しても構いません。

// if 文の書式
if (条件式1) {
  // 条件式1が成り立った場合に実行する処理
} else if (条件式2) {
  // 条件式2が成り立った場合に実行する処理
} else {
  // いずれの条件式も成り立たなかった場合に実行する処理
}

以下に if 文の使用例を示します。この例では、x が 2 のときに「x は 2 です」を、x が 5 のときに「x は 5です」を表示しします。x が 2 でも 5 でもない場合は「x は 2 でも 5 でもありません」を表示します。

let x = 5;

if (x == 2) {
    console.log("x は 2 です");
} else if (x == 5) {
    console.log("x は 5 です");
} else {
    console.log("x は 2 でも 5 でもありません。");
}

 

 

 

Please follow and like us:

コメント

タイトルとURLをコピーしました