[Joomla] SyntaxHighlighterを使用する

Joomla でSyntaxHighlighterを使用するには、エディタをHTMLモードにして以下のように記述します。

(下記は C#の例)

<pre class="brush: csharp;>
for ( int i = 0; i &lt; 10; i++ )
{
    Cnsole.WriteLine("{0}回目",i);
}
</pre>

brush: の後ろに言語に対するキーワードを記述します。
使用可能な言語/キーワード一覧は下記の通りです。

言語 キーワード
ActionScript3 as3, actionscript3
Bash/shell bash, shell
ColdFusion cf, coldfusion
C# c-sharp, csharp
C++ cpp, c
CSS css
Delphi delphi, pas, pascal
Diff diff, patch
Erlang erl, erlang
Groovy groovy
JavaScript js, jscript, javascript
Java java
JavaFX jfx, javafx
Perl perl, pl
PHP php
Plain Text plain, text
PowerShell ps, powershell
Python py, python
Ruby rails, ror, ruby
Scala scala
SQL sql
Visual Basic vb, vbnet
XML xml, xhtml, xslt, html, xhtml

そのほかのコード例は下記の通り

<pre class="brush: csharp; ruler: true; first-line: 10; highlight: [2, 4, 6]">...</pre>

rulerは文字数をカウントしやすいようにするルーラーを表示するかどうかを表す。trueで表示。
first-lineははじまりの行番号をいくつにするか。数字で指定する。
highlightは強調する行。
何れも省略可能。

[Joomla] SyntaxHighlighter の導入

今回は Joomla にSyntaxHighlighter を導入するための覚え書き。

SyntaxHighlighter とはWebでソースコードをきれいに見せるためのプラグインです。

HIRO’s.NET は、VB.NETやC#のTipsを提供するサイトなので、ソースコードを見やすくするために必須のプラグインです。

Joomla用のSyntaxHighlighter は

http://www.joomler.net/download/81-joomla15-plugin/716-syntaxhighligher-201-released.html

からダウンロードできます。

先ほどのリンクにアクセスしたら、ページ内下の方にある段ボール箱のようなアイコンをクリックします。

すると次のようなボックスが表示されるので[I acceptthe license terms.]ボタンをクリックします。

plg-content-syntaxhighlighter-2-0-1.tar.gz というファイルのダウンロードが始まります。

後は Joomlaへログインし、[エクステンション]-[インストール/アンインストール]で plg-content-syntaxhighlighter-2-0-1.tar.gz をインストールします。

最後に「プラグイン 管理」で「Content -SyntaxHighlighter」を有効にします。

[Joomla] JCEエディタの導入

joomla に JCEエディタを導入する際の覚え書き。

JCEエディタは、joomlaに標準搭載されているエディタに比べるとかなり高機能。

ということで導入することにしました。

JCEエディタは

http://www.joomlacontenteditor.net/

から入手。

[Downloads]-[Editor]-[Joomla! JCE 1.5.x]をクリック。

次に「JCE 1.5.6 / 1.5.7 Package」の欄で[Download]ボタンをクリックしてパッケージをダウンロードする。

次に Joomla へログインし、[エクステンション]-[インストール/アンインストール]でダウンロードしてきた com_jce_157_156_package.zip をインストールする。

インストール完了後、プラグインの管理で「エディタ – TinyMCE」を無効にする。

これを行わないとJCEを使用することができない。

次に「基本設定」の「デフォルトWYSIWYGエディタ」で「Editor -JCE 1.5.6」を選択し保存する。

これで、JCEエディタが使えるようになります。

[Joomla] JA Purity Ⅱテンプレートの導入

HIRO’s.NETをjoomlaで管理しようと考えています。
そこで、joomlaをインストールし、試行錯誤中。

まずはテンプレートとして JA Purity Ⅱを使用することにしました。
テンプレートは下記から入手。

http://www.joomlart.com/forums/downloads.php?do=cat&id=145

上記URLへアクセスしたら、

  • Ja Purity ii template for joomla 1.5
  • JA Menu Parameters plugin for Joomla 1.5

の2つにチェックを付け(赤枠内)ダウンロードします。

JA Purity Ⅱダウンロード

ダウンロードしたら、ファイルを解凍します。

テンプレートのアップロードと適用

解凍して出来た ja_purity_ii.v1.2.0 をフォルダごと wordpress の templates フォルダへアップします。

JA Purity Ⅱのテンプレートを適用するには joomla にログインし、メニューの[エクステンション]-[テンプレート管理]を選択。
JA Purity Ⅱを選択して[デフォルト]をクリックします。

プラグインの導入

次にプラグインを導入します。

Joomlaのメニューから[エクステンション]-[インストール/アンインストール]を選択。

[ファイルを選択]ボタンをクリックして、ダウンロードしてきた plg_system_jamenuparams.v1.0.2.zip を選択し、[アップロード&インストール]ボタンをクリックします。