Visual Studio LightSwitch ベータ2インストール

[ad code=2 align=left]

2011/4/5 に Visual Studio LightSwitch ベータ2日本語版がリリースされました。

早速ダウンロードし、インストールしてみたので手順を下記に示します。

まずは、ここからWebインストーラーまたはISO版をダウンロードします。ISO版はページ内下の方にリンクがあります。

今回はISO版(約620MB)をダウンロードしました。

CDに焼くか仮想CDとして起動します(自動再生されなかった場合はsetup.exeを実行)。

で、早速問題が….

確かに、Visual Studio 2010 Ultimateはインストールしているが、まだService Pack1は当てていないんだよな…

なのにアンインストールせよとはどういうこと?

しかも、LightSwitchダウンロードページには、「Visual Studio LightSwitch Beta 2 をインストールする前に、Visual Studio 2010 SP1 をインストールする必要があります。」と書いてある。

ということで、まずはVisual Studio 2010 SP1をインストールすることにしました。

改めてLightSwitchのインストーラーを起動したところ、下記画面が表示されました。

ここではライセンス条項をよく読み、[承諾]ボタンをクリックします。

「セットアップへようこそ」の画面が表示されるので、[今すぐインストール]ボタンをクリック。

[カスタマイズ]をクリックした場合はインストール先を変更できます。

インストールが始まります。

インストールが完了すると下記画面が表示されます。

メッセージがきちんと表示されていないのはベータだからご愛嬌?

Visual Studioには、下記のようにLightSwitchテンプレートが追加されます。

[LightSwitch] LightSwitch 関連リンク

そのほか、皆さんからの情報お待ちしています。

[LightSwitch] ダウンロードとインストール

2011/4/7にVisual Studio LightSwitch ベータ2インストールの記事を追加しました。


LightSwitch はMicrosoft の新しい開発ツール(現段階ではBeta 1)。

Microsoft関係者は「Fox/Accessスタイルの開発を.NETにもたらすもの」 と解説しているらしい。

で、そのLightSwitchを勉強すべく、ダウンロード&インストールしたのでその手順を記しておきます。

続きを読む