[Tips][SaveFileDialog] まとめ

これまでに紹介したSaveFileDialogのTipsは下記の通りです。

  1. ダイアログの表示と入力されたファイル名の取得
  2. ダイアログに表示される起動ディレクトリを取得/設定する
  3. [ファイルの種類] ボックスに表示される選択肢を設定する
  4. 複数のドットが付いた拡張子をサポートする
  5. ダイアログタイトルを設定する
  6. 既存のファイル名が入力されたときに警告を出すかどうかを設定する

[Tips][SaveFileDialog] 既存のファイル名が入力されたときに警告を出すかどうかを設定する

SaveFileDialogは、既定でユーザーが入力したファイル名が既存のファイル名と同じ場合、警告メッセージを表示するようになっています。

警告メッセージを表示するかどうかはOverwritePromptプロパティ(既定ではTrue)で設定することができます。

下記は警告メッセージを表示するかどうかを設定する例です。

サンプルの画面デザインは下記のようにしました。

VBの例

' [ファイルの保存]ボタンクリック時の処理
Private Sub btnShowSaveDialog_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles btnShowSaveDialog.Click
    '★★★既存のファイル名を入力した場合に警告メッセージを表示するかどうかを設定★★★
    SaveFileDialog1.OverwritePrompt = chkOverwritePrompt.Checked

    'ダイアログタイトルの設定
    SaveFileDialog1.Title = "画像ファイルの保存"

    'フィルターの設定
    SaveFileDialog1.Filter = "画像ファイル|*.bmp;*.gif;*.png"

    'ダイアログボックスの表示
    SaveFileDialog1.ShowDialog()
End Sub

' [保存]ボタンクリック時の処理
Private Sub SaveFileDialog1_FileOk(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.ComponentModel.CancelEventArgs) Handles SaveFileDialog1.FileOk
    '選択されたファイルをテキストボックスに表示する
    txtSelectedFile.Text = SaveFileDialog1.FileName
End Sub

C#の例

// [ファイルの保存]ボタンクリック時の処理
private void btnShowSaveDialog_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // ★★★既存のファイル名を入力した場合に警告メッセージを表示するかどうかを設定★★★
    saveFileDialog1.OverwritePrompt = chkOverwritePrompt.Checked;

    // ダイアログタイトルの設定
    saveFileDialog1.Title = "画像ファイルの保存";

    // フィルターの設定
    saveFileDialog1.Filter = "画像ファイル|*.bmp;*.gif;*.png";

    // ダイアログボックスの表示
    saveFileDialog1.ShowDialog();
}

// [保存]ボタンクリック時の処理
private void saveFileDialog1_FileOk(object sender, CancelEventArgs e)
{
    // 選択されたファイルをテキストボックスに表示する
    txtSelectedFile.Text = saveFileDialog1.FileName;
}

実行例

[Tips][SaveFileDialog] ダイアログタイトルを設定する

SaveFileDialogのタイトルバーに表示されるテキストは、Titleプロパティで設定することができます。

下記はダイアログタイトルを設定する例です。

ダイアログタイトルに「画像ファイルを選択」というテキストを表示させています。

VBの例

' [ファイルの保存]ボタンクリック時の処理
Private Sub btnShowSaveDialog_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles btnShowSaveDialog.Click
    '★★★ダイアログタイトルの設定★★★
    SaveFileDialog1.Title = "画像ファイルの保存"

    'フィルターの設定
    SaveFileDialog1.Filter = "画像ファイル|*.bmp;*.gif;*.png"

    'ダイアログボックスの表示
    SaveFileDialog1.ShowDialog()
End Sub

' [保存]ボタンクリック時の処理
Private Sub SaveFileDialog1_FileOk(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.ComponentModel.CancelEventArgs) Handles SaveFileDialog1.FileOk
    '選択されたファイルをテキストボックスに表示する
    txtSelectedFile.Text = SaveFileDialog1.FileName
End Sub

C#の例

// [ファイルの保存]ボタンクリック時の処理
private void btnShowSaveDialog_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // ★★★ダイアログタイトルの設定★★★
    saveFileDialog1.Title = "画像ファイルの保存";

    // フィルターの設定
    saveFileDialog1.Filter = "画像ファイル|*.bmp;*.gif;*.png";

    // ダイアログボックスの表示
    saveFileDialog1.ShowDialog();
}

// [保存]ボタンクリック時の処理
private void saveFileDialog1_FileOk(object sender, CancelEventArgs e)
{
    // 選択されたファイルをテキストボックスに表示する
    txtSelectedFile.Text = saveFileDialog1.FileName;
}