VB.NET

スポンサーリンク
C#

[log4net] ログをファイルに出力する

Appender に log4net.Appender.FileAppender を使用すると、ファイルにログを出力することができます。 App.configの例を以下に示します。 <?xml version="1.0" en...
C#

[log4net] コンソールに色づけされたログを出力する

Appender に log4net.Appender.ColoredConsoleAppender を使用すると、コンソールに出力するログに色を付けることができます。 App.configの例を以下に示します。 <?xml ...
C#

[log4net] ログを出力する

前回、ログ出力の設定を行いました。 今回は、実際にログを出力する方法について説明します。 log4netでログを出力するにはLogManagerクラスを使用します。 また、ログを出力するには、ログレベルに合わせたメソッドを使用しま...
C#

[log4net] log4netの設定

log4netを使用してログを出力するには、設定を作成する必要があります。 設定は、プロジェクトファイルのApp.config に組み込むか、任意のXMLファイルを準備するかのどちらかとなります。 設定値の保存場所を設定...
C#

[log4net] log4netのダウロードとプロジェクトへの組み込み

log4netはJavaの「log4j」を.NETに移植した、ログ出力ライブラリです。 設定ファイルでログの出力先やメッセージフォーマットを変更することが可能です。 今回は log4net をダウンロードしプロジェクトへ組み込む方法...
C#

[Tips] Validatingイベントを使用する その3 ~ フォーカス移動時のValidatingイベントを抑制する ~

前回までの記事はこちら Validatingイベントを使用する その1 ~ 基本的な使い方 ~ Validatingイベントを使用する その2 ~ ErrorProviderコントロールとの組み合わせ ~ ...
C#

[Tips] Validatingイベントを使用する その2 ~ ErrorProviderコントロールとの組み合わせ ~

Validatingイベントを使用する その1 では基本的な使い方について説明しました。 今回は、Validatingイベントと ErrorProviderコントロールを組み合わせて、不正な文字が入力さている場合にエラーアイコンを表示す...
C#

[Tips] Validatingイベントを使用する その1 ~ 基本的な使い方 ~

Windows Formアプリケーションで入力チェックを行うには Validatingイベントを使用します。 例として、以下のような画面で考えてみます。 データ1(テキストボックス)に不正な値が含まれている場合に、ほかの...
C#

[SQLite] 作成したクラスでSQLiteを操作する

これまでに作成したクラスを使用して、実際にSQLiteのデータベース操作を行ってみます。 下準備 コードを書く前に、サンプルデータベースを作成しましょう。 SQLite Database Browserを起動したらボタンをクリック...
C#

[SQLite] 一連で処理を実施する

今回は、これまでに作成したメソッドを組み合わせて、一連で処理を実施する部分を作成します。 VB.NETはこちら C#はこちら VB.NET 編 トランザクションで一連処理をするメソッドとして、以下のようにExecuteメ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました