[Chart][Tips] Chartコントロールの基本を押さえる

ツールボックスの「データ」カテゴリーにはChartコントロールがあります。

Chartコントロールは表1に示すように非常に多くの種類のグラフを作成することが可能です。

表1 Chartコントロールで作成できるグラフの種類(SeriesChartType列挙体)
メンバ名 説明
 Area  面グラフ
 Bar  横棒グラフ
 BoxPlot  ボックス プロット グラフ
 Bubble  バブル チャート
 Candlestick  ローソク足チャート
 Column  縦棒グラフ
 Doughnut  ドーナツ グラフ
 ErrorBar  誤差範囲グラフ
 FastLine  FastLine グラフ
 FastPoint  FastPoint グラフ
 Funnel  じょうごグラフ
 Kagi  かぎ足チャート
 Line  折れ線グラフ
 Pie  円グラフ
 PointAndFigure  PointAndFigure グラフ
 Polar  極座標グラフ
 Pyramid  ピラミッド グラフ
 Radar  レーダー チャート
 Range  範囲グラフ
 RangeBar  RangeBar グラフ
 RangeColumn  範囲縦棒グラフ
 Renko  練行足チャート
 Spline  スプライン グラフ
 SplineArea  スプライン面グラフ
 SplineRange  スプライン範囲グラフ
 StackedArea  積み上げ面グラフ
 StackedArea100  100% 積み上げ面グラフ
 StackedBar  積み上げ横棒グラフ
 StackedBar100  100% 積み上げ横棒グラフ
 StackedColumn  積み上げ縦棒グラフ
 StackedColumn100  100% 積み上げ縦棒グラフ
 StepLine  StepLine グラフ
 Stock  株価チャート
 ThreeLineBreak  ThreeLineBreak グラフ

グラフを作成するには、最初にグラフの系列を作成します。

グラフの系列はSeriesコレクションを使用します。プロパティウィンドウでは下図の場所になります。

Seriesコレクション欄の[…]ボタンをクリックすると「Seriesコレクションエディター」が表示されるので[追加]ボタンをクリックしてSeriesを1つ追加します。

このSeriesが1つのグラフを表します。

次に、ChartTypeプロパティでグラフの種類(表1参照)を設定します。ここではColumnを選択して棒グラフとします。

凡例はNameプロパティで設定します。

データはPointプロパティで追加します。Pointプロパティ欄に表示される[…]ボタンをクリックして「DataPointコレクションエディター」を表示させます。

必要なデータ(バー)の分だけ[追加]ボタンをクリックしてデータを追加します。

データの値はXValue, YValueプロパティで設定します。

縦棒グラフの場合はXValueがX軸を表し、YValueがバーの高さを表します。

例えば3つのバーを追加し、(XValue=1, YValue=20),(XValue=2, YValue=30),(XValue=3,YValue=50)とした場合のグラフは下図のようになります。

今回はここまでとし、次回軸の設定について取り上げたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です