[UWPアプリ][CalendarView] 日付を取得/選択する

CalendarViewコントロールは、文字通りカレンダーを表示するコントロールです。

今回は、選択されている日付の選択と取得方法について見ていきます。

日付の取得と設定はSelectedDatesプロパティを使用します。

選択されている日付を取得する

はじめに、選択されている日付を取得してみましょう。

MainPage.xaml には、CalendarViewコントロール、TextBlockコントロール、Buttonコントロールを1つずつ貼り付けます。

続いて、CalendarViewの名前をcalendarView1に、TextBlockコントロールの名前をtextBlock1に、Buttonコントロールの名前をbutton1に変更します。

コードは以下のように編集します。

private void button1_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // 日付が選択されていない場合は処理を抜ける
    if (calendarView1.SelectedDates.Count == 0) return;

    // 選択されている日付をyyyy/MM/ddの書式で表示
    textBlock1.Text = calendarView1.SelectedDates[0].ToString("yyyy/MM/dd");
}

実行例は以下の通りで、日付を選択してボタンをクリックすると、選択されている日付をTextBlockに表示します。

選択されている日付を表示する例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です