[Xamarin][CrossPlatform][Control] Frame

Frameコントロールを使用すると、任意のコントロールに枠線を付けることができます。

iOSアプリでは標準では枠線が付かないため、Frameコントロールを使用することで輪郭をハッキリさせることができます。

使用方法は簡単で、枠線を付けたいコントロールをFrameコントロールの内側に配置するだけです。

また、outlineColorプロパティで枠線の色を、HasShadowプロパティで影を付けることができます。

以下の例では、ButtonとLabelをFrameコントロールの内側に配置して枠線を付けています。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<ContentPage xmlns="http://xamarin.com/schemas/2014/forms"
             xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2009/xaml"
             xmlns:local="clr-namespace:FrameSample"
             x:Class="FrameSample.MainPage">

  <StackLayout Margin="10,30,10,10">
    <Frame OutlineColor="Purple" HasShadow="True">
      <Button Text="Click Me"/>
    </Frame>

    <Frame OutlineColor="Maroon" HasShadow="True">
      <Label Text="Hello Xamarin!" />
    </Frame>
  </StackLayout>

</ContentPage>

Frameの使用例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です