コントロール

スポンサーリンク
ComboBox

[Windows ストアアプリ] ComboBoxで任意の項目を選択する

ComboBoxに表示されている任意の項目を選択するには、SelectedIndexプロパティを使用します。 SelectedIndexプロパティには、選択したい項目のインデックスを指定します。 たとえばインデックスが2の項目を...
ComboBox

[Windows ストアアプリ] ComboBoxのアイテム数を取得する

ComboBoxに表示されているアイテムの数は、ItemsコレクションのCountプロパティで取得することができます。 たとえば変数nCntにアイテム数を取得する場合は、下記のようにします。 int nCnt = comboBox1...
C#

[Windows ストアアプリ] ComboBoxにオブジェクトを追加する

WindowsストアアプリのComboBoxでは、項目としてテキストを表示するだけではなく、ButtonやRadioButtonといったオブジェクトも表示することができます。 デザイン時にオブジェクトを追加する場合は、プロパティウィン...
C#

[Windows ストアアプリ] ComboBoxのアイテムを削除する

Windows ストアアプリのComboBoxにアイテムを削除するにはItemsコレクションのRemoveメソッドかRemoveAtメソッドを実行します。 項目を指定して削除したい場合にはRemoveメソッドを使用します。引数には削除...
C#

[Windows ストアアプリ] ComboBoxにアイテムを挿入する

Windows ストアアプリのComboBoxにアイテムを追加するにはItemsコレクションのInsertメソッドを実行します。 Insertメソッドの第1引数には項目挿入位置となるインデックスを、第2引数には挿入する項目を指定します...
C#

[Windows ストアアプリ] ComboBoxにアイテムを追加する

Windows ストアアプリのComboBoxにアイテムを追加するにはItemsコレクションのAddメソッドを実行します。 たとえば文字列型のアイテムを追加するには、下記のようにします。 C#の例 comboBox1.It...
Button

[Tips][Button] テキストの表示位置を設定する

本記事はWindowsアプリケーションのTipsです。 ボタンに表示されるテキストの位置を設定するには、TextAlignプロパティを使用します。TextAlignプロパティには表1のContentAlignment列挙体をセ...
AppBar

[Windows ストア アプリ] アプリバーに表示するボタンをグループ化する

アプリバーに表示するボタンはグループ化することができます。 グループ化を行うと、画面の左側の右側に表維持するボタンを分けることができます。 ボタンをグループ化するには、最初にAppBarにGridを配置して左右2つに分割します。...
AppBar

[Windows ストア アプリ] アプリバーの表示/非表示を切り替える

アプリバーの表示/非表示はコードから操作することが可能です。 アプリバーの表示/非表示はIsOpenプロパティで設定し、Trueにするとアプリバーが表示されます。 下記はコードからアプリバーの表示/非表示を行う例です。 画...
AppBar

[Windows ストア アプリ] アプリバーを追加する

アプリバーは、Windows ストア アプリケーションに、ナビゲーション機能やコマンド、ツールを表示します。 アプリバーはページの上部か下部、もしくはその両方に表示することが可能で、不要な時には非表示にすることができます。 アプ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました