[Tips][NumericUpDown] 最小値と最大値を設定する

NumericUpDownコントロールで入力可能な最小値を設定するにはMinimumプロパティを、最大値を設定するにはMaximumプロパティを設定します。

下記は最小値に-10、最大値に10を設定する例です。

VBの例

'最小値と最大値を設定する
NumericUpDown1.Minimum = -10
NumericUpDown1.Maximum = 10

C#の例

// 最小値と最大値を設定する
numericUpDown1.Minimum = -10;
numericUpDown1.Maximum = 10;

“[Tips][NumericUpDown] 最小値と最大値を設定する” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です