[UWPアプリ][ListView] Assetsフォルダの画像を表示する

UWPアプリのプロジェクトには、既定でAssetsというフォルダがあります。

このフォルダにはLogoなどの画像イメージを保存しておくことができます。

今回は、このAssetsフォルダの画像を表示する方法について見ていきます。

はじめに、XamlでAssetsフォルダ内の画像を表示する方法について確認します。

画像をImageコントロールに表示するには、Sourceプロパティに画像のイメージパスを指定します。

指定方法は簡単で、「Assets/画像ファイル名」とします。以下は、Assetsフォルダにある Japan-Flag.png という画像を表示する例です。

<Image Source="Assets/Japan-Flag.png" Height="97" Margin="46,55,0,0" HorizontalAlignment="Left" Width="144" VerticalAlignment="Top" />

実行をすると以下のように画像が表示されます。

Assetsフォルダの画像を表示

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください