[UWP][RichTextBlock] RichTextBlockで文字列を表示する

スポンサーリンク

UWPでは、TextBlockというコントロールがありますが、このほかにRichTextBlockコントロールがあります。

RichTextBlockは、TextBlockと比較すると画像やハイパーリンクを交え、さらにフォントの装飾までも行える、表現力豊かなテキスト表示用コントロールです。

今回は、文字の表示について見ていきましょう。

RichTextBlockコントロールは、TextやContentというプロパティはなく、Paragraphというプロパティを使用します。Paragraphプロパティは段落を表すプロパティで最低1つ必要です。

以下は、RichTextBlockコントロールを使用して「これはRichTextBlockです」という文字列を表示するXamlです。

1つのParagraph(段落)があり、この中で表示する文字列を定義しています。

TextIndetプロパティは、左端からのインデントサイズです。

「RichTextBlock」の部分は文字を装飾できるように<Run>を使用しています。

Textは表示する文字列を、Foregroundは前景色を、FontFamilyはフォントを設定しています。このほか。FontWeightを使用して太字に、、FontWeightで斜体に、FontSizeでフォントサイズを20にしています。

<RichTextBlock TextIndent="20">
    <Paragraph TextIndent="0">
        これは
        <Run Text="RichTextBlock" Foreground="Red"
             FontFamily="游ゴシック" FontWeight="Bold" 
             FontStyle="Italic"
             FontSize="20" />
        です
    </Paragraph>
</RichTextBlock>

実行例は以下の通りです。

RichTextBlockの使用例

コメント

タイトルとURLをコピーしました