[TabControl][Tips] 選択されているタブを削除する

選択されているタブを削除するにはTabPagesプロパティRemoveAtメソッドを使用します。

RemoveAtメソッドの引数には削除するタブのインデックスを指定します。

下記は選択されているタブを削除する例です。

[選択されているタブを削除]ボタンが押されると現在選択されているタブのインデックスを取得して削除を行います。

VBの例

' [選択されているタブを削除]ボタンクリック時の処理
Private Sub btnAddTabPage_Click(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles btnAddTabPage.Click
    '選択されているタブのインデックスを取得する
    Dim index As Integer = TabControl1.SelectedIndex

    '選択されているタブがあるか?
    If index > -1 Then
        '★★★選択されているタブを削除する★★★
        TabControl1.TabPages.RemoveAt(index)
    End If
End Sub

C#の例

// [選択されているタブを削除]ボタンクリック時の処理
private void btnAddTabPage_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // 選択されているタブのインデックスを取得する
    int index = tabControl1.SelectedIndex;

    // 選択されているタブがあるか?
    if (index > -1)
    {
        // ★★★選択されているタブを削除する★★★
        tabControl1.TabPages.RemoveAt(index);
    }
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.