[Windows ストア アプリ] ページ間ナビゲーション3

今回は、ページ間でのデータの受け渡しについて説明します。

あるページから、ほかのページに遷移するためには Frame.Navigateメソッドを使用します。このメソッドの第2引数には、遷移先のページに渡したいデータをセットすることができます。

遷移元のコード例は以下の通りです。

遷移先はSubPageで、遷移先に渡すデータはtextBox1.Textとしています。

VBの例

Private Sub Button_Click(sender As Object, e As RoutedEventArgs)
    Me.Frame.Navigate(GetType(SubPage), TextBox1.Text)
End Sub

C#の例

private void Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    this.Frame.Navigate(typeof(SubPage), textBox1.Text);
}

次に、遷移先ですが、遷移元から送られてきたデータを受け取るには、navigationHelper_LoadStateイベントを使用します。このイベントの第2引数LoadStateEventArgsの NavigationParameter に遷移元のデータが入っています。

以下は、遷移元のページから送られてきたデータを、navigationHelper_LoadStateイベントで受け取って、TextBlockコントロールに表示する例です。

VBの例

Private Sub NavigationHelper_LoadState(sender As Object, e As Common.LoadStateEventArgs)
    Me.TextBlock1.Text =
        e.NavigationParameter.ToString()
End Sub

C#の例

private void navigationHelper_LoadState(object sender, LoadStateEventArgs e)
{
    textBlock1.Text =
        e.NavigationParameter.ToString();
}

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です