[FontDialog][Tips] 色を選択できるようにする

FontDialogで、フォントの色を選択できるようにするには、ShowColorプロパティにTrueを設定します。

また、FontDialogで選択された色を取得するにはColorプロパティを参照します。

下記は、FontDialogで色を選択できるようにする例です。

[色を選択できるようにする]にチェックが付けられている場合は、FontDialogで色を選択することができるようになります。

VBの例

' [フォントの選択]ボタンクリック時の処理
Private Sub btnFont_Click(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles btnFont.Click
    '★★★色の選択をできるかどうかを設定する★★★
    FontDialog1.ShowColor = chkShowColor.Checked

    'フォントダイアログを表示
    If FontDialog1.ShowDialog() = Windows.Forms.DialogResult.OK Then
        '選択されたフォントをテキストボックスに設定
        TextBox1.Font = FontDialog1.Font

        '★★★選択された色をテキストボックスの前景色に設定する★★★
        TextBox1.ForeColor = FontDialog1.Color
    End If
End Sub

C#の例

// [フォントの選択]ボタンクリック時の処理
private void btnFont_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // ★★★色の選択をできるかどうかを設定する★★★
    fontDialog1.ShowColor = chkShowColor.Checked;

    // フォントダイアログを表示
    if (fontDialog1.ShowDialog() == System.Windows.Forms.DialogResult.OK)
    {
        // 選択されたフォントをテキストボックスに設定
        textBox1.Font = fontDialog1.Font;

        // ★★★選択された色をテキストボックスの前景色に設定する★★★
        textBox1.ForeColor = fontDialog1.Color;
    }
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です