[Silverlight][基礎] XAMLの文法 ~プロパティ~

今回はSilverlightにおけるXMALのプロパティについて見ていきます。


属性値は自動で型変換される

まずは以下のButtonコントロールを表すXAMLを見てみましょう。

<Button Width="300" Content="Click Me!" Background="#FF1D73BD" />

Width, Content, Background のそれぞれの属性の値は、すべてシングルクォートで囲まれており、いずれも文字列で指定されていることがわかります。

XAMLで記述されたこれらの値は、自動で型変換が行われます。

上記の例だと

  • Widthの値 “300” → Double型
  • Content の値 “Click Me!” → String型
  • Backgroun の値 “#FF1D73BD” → Brush型

となります。


親のプロパティを子がそれぞれ指定できる

Silverlightでは(WPFも)、コントロールは階層構造を持ちます。

Gridコントロール上に配置した ButtonコントロールのXAMl例を以下に記します。

<Grid x:Name="LayoutRoot" Background="White">
    <Grid.ColumnDefinitions>
        <ColumnDefinition Width="129*"/>
        <ColumnDefinition Width="271*"/>
    </Grid.ColumnDefinitions>
    <Grid.RowDefinitions>
        <RowDefinition Height="17*"/>
        <RowDefinition Height="83*"/>
    </Grid.RowDefinitions>

    <Button Content="Click Me!" Background="#FF1D73BD" Margin="10,0" 
    	Grid.Row="1" Grid.Column="1" />
</Grid>

コントロールの詳しい説明は今後の記事で紹介します。

ここで見ていただきたいのは、12行目です。

Gridコントロールは、2行2列の表の形となっているのですが、Buttonコントロールに Grid.Row と Grid.Coumnのプロパティがあることが確認できます。

この Buttonコントロールに記述された Grid.Row, Grid.Coumn はButtonコントロールを配置している親プロパティを指しています。ここではButtonコントロールを Gridの行1、列1に配置することを表しています。

このように、親要素て定義されているプロパティに対して、子要素でそれぞれの値を指定可能なプロパティを、添付プロパティと呼びます。

今回は GridコントロールにButtononトロールを配置しましたが、CheckBoxコントロールなどの他のコントロールを配置しても添付プロパティを使用することができます。

 

次回から、プロパティウィンドウの使い方について説明します。

次回は、コントロールの配置について説明します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください