[Silverlight][基礎] コントロールの配置と命名

コントロールの配置

Silverlightでコントロールを配置するには、ソリューションエクスプローラーでデザインを行うXAMLファイルをファブルクリックして開きます。

次に、ツールボックスから配置したいコントロールをXAMLページ上にドラッグ&ドロップします。

以下は ButtonコントロールをXAMLページへドラッグ&ドロップする例です。

コントロールの配置

上記の他にXAMLコードをを直接記述しても配置が可能です。


 コントロールの命名

次に、配置したコントロールに名前を付ける方法を見てみましょう。

一番簡単なのはプロパティウィンドウから名前を付ける方法です。

任意のコントロールを選択したら、プロパティウィンドウの「名前」欄に入力します。

コントロールに名前を付ける

 

XAMLを直接編集してコントロールに名前を付ける場合は、属性名を x:Name とし属性値にコントロールに付ける名前を記述します。

以下の例では、x:Name=”btnSend” となっている部分です。

<Button x:Name="btnSend" Content="Button" HorizontalAlignment="Left" Margin="54,66,0,0" VerticalAlignment="Top" Width="75"/>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください