[ストアアプリ][入門] Step36. PasswordBoxコントロールを使用する ~基本使用方法~

今回はパスワードを入力すためのコントロールである PasswordBoxを使用してみましょう。

PasswordBoxコントロールは、配置するだけで使用可能です。

まずはMainPage.xaml にPasswordコントロールを貼り付けて動作を確認してみましょう。

下図のように、入力した文字が●で置換されて表示されます。

PasswordBoxコントロールの使用例

 

入力されたパスワードを取得するには、Passwordプロパティを使用します。

以下は入力されたパスワードを取得してメッセージダイアログに表示する例です。

VBの例

Private Async Sub Button_Click(sender As Object, e As RoutedEventArgs)
    ' パスワードの取得
    Dim password As String = passwordBox.Password

    Dim md = New MessageDialog(password, "入力したパスワード")
    Await md.ShowAsync()
End Sub

C#の例

private async void Button_Click_2(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // パスワードの取得
    string password = passwordBox.Password;

    MessageDialog md = new MessageDialog(password, "入力したパスワード");

    await md.ShowAsync();
}

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください