[TypeScript] プリミティブ型

はじめに

TypeScript は型が付いた JavaScript と考えることができます。型があることで誤った値を代入できなくなりますので、その恩恵は大きいと言えます。

今回は、TypeScript におけるプリミティブ型について説明します。

目次

プリミティブ型とは

TypeScript ではデータ型を使用することができます。プリミティブ型というのはクラスのような複数のデータ型の値を持つものではなく、もっとも基本的な数値型や文字列型といったデータ型のことを指します。

データ型を指定した変数の宣言

データ型を指定した変数を宣言するには、以下の書式を使用します。

var 変数名 : データ型 = 値;

   または

let 変数名 : データ型 = 値;

数値型

TypeScript における数値は全て number 型として扱います。

以下に例を示します。

16進数を扱いたい場合は先頭に「0x」、8進数を使用したい場合は先頭に「0o」、2進数を使用したい場合は先頭に「0b」を付けます。console.logを使用するとそれぞれ10進数に変換されて出力します。

let num1 : number = 12;     // 整数
let num2 : number = 3.14;   // 浮動小数点数
let hex : number = 0xffff;  // 16進数
let oct : number = 0o123;   // 8進数
let bin : number = 0b1010;  // 2進数

console.log(num1);  // 12
console.log(num2);  // 3.14
console.log(hex);   // 65535
console.log(oct);   // 83
console.log(bin);   // 10

文字列型

文字列は string 型として扱い、ダブルクォート(”)またはシングルクォート(’)で囲みます。

以下に例を示します。

let moji1 : string = "文字列1";
let moji2 : string = '文字列2';

console.log(moji1);  // 文字列1
console.log(moji2);  // 文字列2

論理型

TypeScript でも true と false を扱う論理型を使用することができます。

論理型は bool を使用します。

以下に例を示します。

let ronri : boolean = true;

ronri = false;
console.log(ronri);  // false

Symbol

Symbol は ES6 で導入された型で、まったく新しいタイプのプリミティブ型です。

作成したシンボルは、「その値とのみ等しい」という特徴を持ちます。

Symbol 型の変数を作成するには以下の構文を使用します。

let 変数名 = Symbol();

 または

let 変数名 = Symbol(値);

例えば、以下のように変数 sym1 と sym2 を宣言したとします。一見するとsym1 と sym2 の値は同じように思えますが、比較してみると一致しないことがわかります。このことから、Symbol 型で宣言した値は唯一無二であることがわかります。

let sym1 = Symbol(3);
let sym2 = Symbol(3);

console.log(sym1 === sym2);

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください