[MUI Tips][TextField] 様々なスタイルを適用する

MUI TipsMUI
MUI Tips
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事はこんな人におすすめ

  • MUI における TextField で、テキスト以外にもパスワードや数値の入力をしたい

公式サイトの情報はコチラ

TextField のスタイルの種類

TextField のスタイルの種類

スポンサーリンク

必須入力用の TextField を作成する

必須入力用の TextField を作成するには、以下書式の通り required 属性を付けます。

<TextField label="ラベル文字列" variant="スタイルを表す文字列" required/>

以下に必須入力用の TextFIeld を作成する例を示します。

import { Stack, TextField } from '@mui/material';

export default function TextFieldSample2() {
    return (
        <Stack spacing={2} direction="row">
            {/* 必須入力 の例 */}
            <TextField label="必須入力" variant="outlined" required/>
            <TextField label="必須入力" variant="filled" required/>
            <TextField label="必須入力" variant="standard" required/>
        </Stack>
    );
}
必須入力

必須入力の例

スポンサーリンク

非活性の TextField を作成する

TextField を非活性にしたい場合は、以下書式の通りdisabled 属性を付けます。

<TextField label="ラベル文字列" variant="スタイルを表す文字列" disabled/>

以下に非活性の TextFIeld を作成する例を示します。

import { Stack, TextField } from '@mui/material';

export default function TextFieldSample2() {
    return (
        <Stack spacing={2} direction="row">
            {/* 非活性化 の例 */}
            <TextField label="非活性化" variant="outlined" disabled/>
            <TextField label="非活性化" variant="filled" disabled/>
            <TextField label="非活性化" variant="standard" disabled/>
        </Stack>
    );
}
非活性にする例

非活性にする例

スポンサーリンク

パスワード入力用の TextField を作成する

パスワード入力用の TextField を作成したい場合は、以下書式の通りtype 属性に “password” を設定します。

<TextField label="ラベル文字列" variant="スタイルを表す文字列" type="password"/>

以下にパスワード入力用の TextFIeld を作成する例を示します。

import { Stack, TextField } from '@mui/material';

export default function TextFieldSample2() {
    return (
        <Stack spacing={2} direction="row">
            {/* パスワード の例 */}
            <TextField label="パスワード" variant="outlined" type="password" />
            <TextField label="パスワード" variant="filled" type="password"/>
            <TextField label="パスワード" variant="standard" type="password"/>
        </Stack>
    );
}
パスワードの例

パスワードの例

スポンサーリンク

読み取り専用の TextField を作成する

読み取り専用の TextField を作成したい場合は、以下書式の通り InputProps={{readOnly: true,}} を設定します。

<TextField label="ラベル文字列" variant="スタイルを表す文字列" InputProps={{readOnly: true,}}/>

以下に読み取り専用の TextFIeld を作成する例を示します。

import { Stack, TextField } from '@mui/material';

export default function TextFieldSample2() {
    return (
        <Stack spacing={2} direction="row">
            {/* 読み取り専用 の例 */}
            <TextField label="読み取り専用" variant="outlined" InputProps={{readOnly: true,}}/>
            <TextField label="読み取り専用" variant="filled" InputProps={{readOnly: true,}}/>
            <TextField label="読み取り専用" variant="standard" InputProps={{readOnly: true,}}/>
        </Stack>
    );
}
読み取り専用の例

読み取り専用の例

スポンサーリンク

数値入力専用の TextField を作成する

数値入力用の TextField を作成したい場合は、以下書式の通りtype 属性に “number” を設定します。

<TextField label="ラベル文字列" variant="スタイルを表す文字列" type="number"/>

以下に数値入力用の TextFIeld を作成する例を示します。

import { Stack, TextField } from '@mui/material';

export default function TextFieldSample2() {
    return (
        <Stack spacing={2} direction="row">
            {/* 数値 の例 */}
            <TextField label="数値" variant="outlined" type="number"/>
            <TextField label="数値" variant="filled" type="number"/>
            <TextField label="数値" variant="standard" type="number"/>
        </Stack>
    );
}
数値入力の例

数値入力の例

スポンサーリンク

検索文字列入力専用の TextField を作成する

検索文字列入力用の TextField を作成したい場合は、以下書式の通りtype 属性に “search” を設定します。検索文字列入力用の TextField は入力したテキストを消せるように[X]が表示されます。

<TextField label="ラベル文字列" variant="スタイルを表す文字列" type="search"/>

以下に検索文字列入力用の TextFIeld を作成する例を示します。

import { Stack, TextField } from '@mui/material';

export default function TextFieldSample2() {
    return (
        <Stack spacing={2} direction="row">
            {/* 検索 の例 */}
            <TextField id="outlined-basic" label="検索" variant="outlined" type="search"/>
            <TextField id="filled-basic" label="検索" variant="filled" type="search"/>
            <TextField id="standard-basic" label="検索" variant="standard" type="search"/>
        </Stack>
    );
}
検索文字列入力用

検索文字列入力用

スポンサーリンク

ヘルパーテキストを表示する TextField を作成する

ヘルパーテキストというのは、TextField に何を入力したらよいのかという、ちょっとした説明用のテキストのことです。通常 TextField の下に表示されます。

ヘルパーテキストを表示する TextField を作成したい場合は、以下書式の通りhelperText 属性に説明用の文字列を記述します。

<TextField label="ラベル文字列" variant="スタイルを表す文字列" helperText="説明文字列"/>

以下にヘルパーテキストを表示する TextFIeld を作成する例を示します。

import { Stack, TextField } from '@mui/material';

export default function TextFieldSample2() {
    return (
        <Stack spacing={2} direction="row">
            {/* ヘルパーテキスト の例 */}
              <TextField id="outlined-basic" label="ヘルパーテキスト" variant="outlined" helperText="8文字以内で入力"/>
            <TextField id="filled-basic" label="ヘルパーテキスト" variant="filled" helperText="8文字以内で入力"/>
            <TextField id="standard-basic" label="ヘルパーテキスト" variant="standard" helperText="8文字以内で入力"/>
        </Stack>
    );
}
ヘルパーテキスト表示例

ヘルパーテキスト表示例

 

Please follow and like us:

コメント

タイトルとURLをコピーしました